不動産を担保にしたローンの固定金利と変動金利の違いとは

不動産を担保にしたローンでも、固定金利にするのか変動金利にするのかは、非常に大きな問題です。

慎重に検討すべき問題なので要点をお話ししておきます。

●ゼロ金利のいまなら固定型金利?

固定型金利と変動型金利の違いは、その名の通り金利が固定されたローンか、物価スライド制といって、世の中の物価にあわせて変動する金利かにあります。

たとえば現状ではゼロ金利が長くつづいていますので、比較的金利の設定が安い固定型の金利にしても借り手には有利です。

ゼロ金利なので、この先は金利が上昇するしかないという考え方です。

一方で変動金利は、数年に一度見直されて、世の中の物価の上昇や下落幅にあわせて応分の金利が設定されます。

物価スライドなので、理屈の上では損もトクもない金利方式です。

●金利は低めでも銀行以外は割高。

不動産を担保にしたローンでは、もともと不動産という担保があるので、金利は比較的安く設定されています。

融資には銀行系、ノンバンク系、消費者金融系などがあり、系列によって金利は異なります。

銀行以外の機関は、原資となるお金を銀行から借りているので、そのぶんの金利が上乗せされています。

固定型であっても変動型であっても、金利は割高です。

●不動産を担保にしたローンでも、各社それぞれを比較して、最終的にどの程度の金利負担金を支払うことになるのか慎重に検討しましょう。

ネットで返済シミュレーションを活用すれば、たとえば不動産を担保にしたローンの返済が終了するまでに、いくらの金利負担金を支払うことになるのかがわかります。

かなりの金額になるので、その負担の重さを確認したうえで契約に踏み切りましょう。

※返済のシミュレーションはココで出来ます⇒不動産担保ローンの明治アセット【東京】最短2日で融資可能