捨てるものと使うものの判断について

Posted on

前回話した遺品整理の話。

あれはかなりのレアケースみたいですね。

ただ、遺品整理はいろいろなケースがあって、そういう意味では非常にやりがいがあると彼は言ってました。

通常は、1時間程度で見積もりを出してそれから日時を決めて作業という流れだそうですが、一人暮らしの資産家ともなれば、遺品もいろいろな種類があって仕分け自体が大変で、専門家でなければわからないようなものもいっぱいあるんだそうです。

僕は来週、中古で買ったマンションに引っ越しをするんですが、運ぶものと処分するものを分ける作業だけでもとても大変でした。

引越し自体は、業者に一括で頼んでしまったので、当日はあまりやることがありません。

これは非常に便利なんですけど、それまでの作業はやはり自分たちでやっておかなければいけないですからね。

粗大ゴミとして出すもの、リサイクルショップに買取を依頼するもの、それから一般廃棄物として、処理業者に依頼するもの、これらをまとめるのが結構大変でした。

まあ、要らない、使わないものをため込んでいるのがいけないといえばいけないんですが・・・・

奥さんの服だけでもかなりの量があって、しかもサイズ的にもう入らないものとか、デザイン的にも古いものとか、いっぱいあって・・・・・

テレビであるタレントが言ってましたけど、1年着ない服は絶対来年も着ない・・・だから捨てる・・・というのは本当にそうだと思います。

僕も使わないゴルフの手袋とかシャツ、大切に保管してましたからね・・・・